代替療法という医療が注目を集めています

治療をするとなると医療機関で注射をしたり、手術をしたりしながら病気を治すのが一般的ですが、できれば自然治癒力を生かしたものを取り入れて自分自身の身体を守りたいものです。
欧米では代替療法といって、アロマテラピーや色彩療法を用いながら病気を治す治療が注目されています。
費用もあまりかからないので、良心的な費用で治療を受けることができますし、小さな子供も泣かずに治療に専念できるので、これから代替療法を利用する人が増えていく可能性があります。
欧米を中心とした先進国で再認識されて、研究も進められています。
しかし、ガンや心臓病の病気に対しては治療効果を上げることができません。
これは医療業界の課題でもあり、代替療法によって病気の根本的なものを治すように努力していかなければなりません。
ガンになってしまったら、抗ガン剤を使う必要があります。
抗がん剤を使うと正常な細胞にもダメージを与えてしまうので、自然治癒力を生かした治療をしたほうが、末期でも元気な姿になれます。